被害を受けてしまった瓦屋根、具体的にどうする


屋根の葺き替え

被害部分を補修する、もしくは今後のリスクを考えて軽い屋根へ葺き替える、いずれかになるでしょう。比較的、被害が少なかった場合は補修することになると思います。ただし、被害部分を補修した場合、また同じ規模の地震が来ればまた被害を受けることになります。現在、地震が来ても瓦が落ちないという工法もございますが、屋根に瓦を固定してしまうという方法なので、お住まいの構造体にそれなりの強さが求められます。詳しいことはお住まいの調査をしてみない限り、何とも言えないのですが、1981年以前の旧耐震基準で建てられたものですと、恐らくお住まいの方が耐えられないでしょう。大地震に遭遇した場合、瓦屋根ではわざと瓦を落とすことによって建物自体を倒壊させないようにしているという説もあるくらいです。瓦を固定するということは揺れの時の重量を全てお住まいが支えることになるので、とんでもない力がかかることになります。場合によっては倒壊を免れません。

屋根だけがダメージを受けて、お住まい本体の方は何ともなかった場合でも屋根の大幅な改修が必要になることがあります。この場合、思い切って軽い屋根材に葺き替えることをお勧めします。瓦以外の屋根材の場合、スレートでは瓦の約半分から3分の1、金属屋根では約10分の1近くしか重量がありません。これらの屋根材はお住まいに固定されていることがほとんどで、お住まいの方も屋根材が軽いから大きく揺れてもその力を受け止めきれるのです。

全国にお店がある街の屋根やさんでは、屋根の軽微な補修から大規模な屋根の葺き替え、瓦の補修など屋根に関する工事を承っております。耐震性を考えて屋根の工事をご検討されている方は一度相談してみてはいかがでしょうか。